バックカントリー入門!命を守るために装備すべき必須アイテムまとめ

スポンサーリンク

人工的に整備されたスキー場ではなく、さらなる高みを求め自然のありのままの雪山を滑走するバックカントリーに人気が出て来ています。

しかし自然の雪山を滑走する訳ですから、スキー場のように常に人がいるわけでもありませんし、万が一怪我をしてしまった場合にすぐに駆けつけてくれるレスキュー隊もいません。

設備の整ったスキー場ならば初心者でも気軽に足を運ぶことができますが

バックカントリーはスキーの技術はもちろん自然の雪山に対しての知識が必要となるため、初めてバックカントリーに挑戦しようと思っている方にとっては敷居が高くわからないことだらけだと思います。

そこで、一般のスキー場でスキー、スノーボードの技術を磨いた方で、さらなる高みを目指しバックカントリーに挑戦しようと意気込む方に向けて

バックカントリーを行うにあたり必要なものをリストアップしてみました。

よければご参考にしてみて下さい。

バックカントリーの魅力を知る

バックカントリー必需品リスト

引用元

バックカントリーは自然のままの雪山を滑走するスポーツです。

一般的な人の手が加わり安全に楽しむことができるスキー場とは違い、雄大な自然を独り占めしているような充実感を得ることができる反面で、突如やってくる自然の脅威も理解しておく必要があります。

雪山の危険性を十分に把握し万全の備えを行い楽しくバックカントリーを満喫できるようになりましょう。

必須アイテム!ビーコン、プローブ、ショベル

引用元

バックカントリーの三種の神器と呼ばれる最重要なアウトドアギアである

ビーコン、プロープ、ショベルは3つセットで初めてその効力を発揮します。

人の手が一切加えられていない雪山で起こりうる最大の危険性は雪崩に飲み込まれ生き埋めになってしまうことです。

一度雪崩に飲み込まれてしまうと何の装備もしていない人の場合の生存率はほぼ0%となります。

そこで万が一の状況に活躍するのがビーコン、プロープ、ショベルの三種の神器です。

それぞれの役割を説明していくと

ビーコンで雪に埋まってしまった仲間の居場所をレーダーによって導くことができ、おおよその居場所が判明したら、次により正確な位置を探り当てるために使うのが長いポールに伸縮するプロープです。これで実際に雪にプロープを刺し生き埋めとなっている要救助者の位置を特定します。最後にショベルでひたすら掘り起こします。

この三種の神器があるかないかで万が一の生存率は飛躍的に上がります。

大切な自分の命、仲間の命を守るためにも携帯することをオススメいたします。

アウトドアメーカーの高機能なバックパック

引用元

スキー、スノーボードは雪の斜面を滑り降りるスポーツのため当然山の頂上へ登らなくてはなりません。

一般のスキー場ならば併設されているリフトに搭乗し山頂まで乗せて行ってもらえますが、バックカントリーの舞台は自然の雪山のため道具はすべて担いで登らなくてはなりません。

そのためスキー板、ボードを取り付けることができるバックパックが重要となります。

通常のバックメーカーのものではスキー板を取り付けることはできませんが、アウトドアメーカーからはバックカントリー用に開発されたバックパックが多くリリースされていますので、機能性を重視したアウトドアメーカーのバックパックを使用することをオススメいたします。

アウトドアメーカーのバックパックは非常に機能的なものが多く、より体にフィットするように設計されているものが多く、これにより使用者への体の負担を軽減したり

使いやすさをとことん考えぬかれた多彩なポケットディチールにより綺麗にバックの中身をパッキングすることができます。

ツアーに合わせた最善の大きさのバックパックを選ぶことも重要なポイントです。

日帰りの場合でしたら20L〜30Lがベストな大きさとなり、あまりに大きすぎる場合は中身の荷物が偏り背負った時にグラグラと不安定な状態となり、体力を奪われる原因となりますので、適切なサイズのバックパックをお選びいただくことをオススメします。

スポンサーリンク

スノーシュー、ポールで快適な登頂を目指そう

引用元

雪山は毎日毎日新しい雪が降り積もっており

積雪の多いところでは数メートル積もる地域も少なくありません。

そのような場所をノーマルな登山靴で歩こうとするとズボッと足がめり込んでしまし足を取られまともに歩くことができないでしょう。

かろうじて歩けたとしても一歩進むたびに足を取られていては体力の消耗はかなり激しく登頂することにはヘトヘトに疲れ果ててしまいかねません。

そこで快適な雪道の登頂に欠かせないのがスノーシューとポールです。

スノーシューを履くことで地面と接する足の裏の表面積を多くとることができるため足が雪にめり込むことなくサクサクと前進することができるようになります。

ポールはあるとないのでは歩きやすさに雲底の差が出るほど重要なアイテムと言えます。

本来2本足の人間が不安定な雪上でポールを持つことで4本足の動物となると行っても過言ではないほどに違いが出ます。

ビーコン、プロープ、ショベルほど重要度は高くはないかもしれませんが

手持ちのアイテムとして携帯しておくだけでもあなたの強い味方となってくれると思いますので活用してみることをオススメいたします。



スポンサーリンク