本気で人生楽しんでますか?マンネリ化する日常生活を有意義に変える教科書

スポンサーリンク

大人になると時間が経つのが早く感じることありませんか?

「一年経つのはあっという間」そんな感情に浸った経験がある方は多いと思います。

誕生日や記念日、年末年始などといった様々な節目に誰もが口にているのではないでしょうか。

今回は限りある人の一生を有意義なものとするためには、何を思い行動するべきかを紐解くための道案内となる教科書を執筆致しました。

心理学的に解明された「時間が経つのが早い」

人は年を重ねるにつれ時間が経つのが早く感じることがあります。

これは人が生きていく中で様々な経験を積み重ねることで

日々の生活に対して好奇心を刺激するような出来事が減り

過ぎてゆく毎日にマンネリ化しているためではないでしょうか。

心理学的な法則も発表されており

19世紀のフランスの哲学者であるポール・ジャネが発案し

主観的に記憶される月日の長さは年少者はより長く、年長者はより短く感じるという心理学的に説明したジャネーの法則があります。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどなのに比べ

5歳の人間にとっては5分の1に相当するとされており

その差は実に10倍にもなるとされている。

人生を楽しくするのはあなた次第

子供の頃を思い返すと

目に映るもの触れるもの全てが初めてのことで

何もかもが新鮮に映り、その全てが経験として蓄積されていきます。

年を重ねるにつれ様々な経験をしてきたことで

日常生活に好奇心を刺激するような出来事は日に日に減ってきます。

刺激のない毎日を送るにつれ人は日々の生活が

代わり映えのない退屈な日常に映り

淡々と一日が過ぎてゆき気がつけば

また一年また一年とただ時間ばかりが過ぎでゆく結果となります。

そんな毎日で一生を終えて良いと思いますか?

私たちの住む世界にはまだまだ知らない世界が多数あり

一生かけてもその全てを知ることは不可能でしょう。

代わり映えのない毎日を変えることができるのはあなたの行動一つです。

日本の詩人で平易な詩を独特な書体で書いた作品で知られる。

相田みつを氏の作品に下記のようなものがある

そのうち お金が貯まったら

そのうち 家でも建てたら

そのうち 子供から手が放れたら

そのうち 仕事が落ち着いたら

そのうち 時間にゆとりができたら

そのうち・・・・

そのうち・・・・

そのうち・・・・ と、

できない理由を繰り返しているうちに結局は何もやらなかった

空しい人生の幕が降りて顔の上に

淋しい墓標が立つ

そのうちそのうち日が暮れる

いまきたこの道かえれない

小さな目標から大きな夢を皆さん少なからず抱いていると思います。

しかし様々なしがらみにより思うようにいかないことが生きていく上で必ず出てくる思います。

しかし人の一生は限られています。

できない理由を並べる前に、どうすればできるのかを考えることが第一歩だと思います。

有意義な時間を過ごすために必要な事

人生にとって必要な有意義な時間を過ごすためには

ただ待っていても訪れることはありません。

ではどのように有意義な時間を作り出すのかというと

知識を蓄える

有意義で意味のある人生を送るためには世の中の

様々な事柄を知る必要があると思います。

人間は地球上ので生物の中で最も知能の高い生き物ですが

生きているうちに脳の活用率は30%にも満たないとされています。

つまり私たちの頭にはまだまだ膨大な量の知識を入れることができる可能性があることが言えます。

知識はどれだけ蓄えようとも一切重荷にはなりません。

どこに行くにも持ち運ぶことができますよね

たくさんの知識を得ることにより見えてくる発見が必ず見えてくると思います。

人との繋がりを大切にする

上記のように知識を吸収することの大切さを執筆致しましたが

ただ知識を得るだけであれば、論文や図鑑といった本を読めば次第に得ることができるでしょう。

ですが本だけではあなた一人の考えで止まってしまいます。

そこで得た知識を人と共有することにより

自分では気づくことができなかった部分や新たな発見や意見を得ることにも繋がります。

百聞は一見にしかず

有意義な人生を送るためには知識を付けただけでは足りません。

得た知識を元に経験したことのない環境へ身を置くことで

今までの人生にはない新たな発見が待っています。

100回話を聞くよりも1回の経験が勝るように

実際に肌で感じることで確実に一歩前進することができます。

最後に伝えたいこと

平穏な日常生活も大切ですが

変わらない日常を送り

いつのまにか年だけをとってしまう前に

あなたの心の奥にある夢や目標に向かってみませんか

一度しかない人生で後悔の残る生涯のを終えるのはもったいない

せっかく考えることができる人間に生まれたからには

有意義な人生を送りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。





スポンサーリンク