数々のダイエットに失敗した方へ!アドレナリン活用で理想の体を作る

スポンサーリンク

最近太ってきたな〜

と思い立ち様々なダイエットに挑戦するも挫折してしまったっという経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

ダイエットに必要不可欠なものといえば食事制限、運動ですが、

なかなか継続して続けるのは難しいものです。

辛い食事制限、運動を継続して行うために必要なものはアドレナリンのコントロールです。

よく巷で耳にするアドレナリンという言葉ですが、それがどのようにダイエットに結びつくのか疑問に思いますよね。

この記事では、知られていないアドレナリンの効力から、その効力をうまく利用しダイエットに継続させる方法をお伝えしていきたいと思います。

アドレナリンとは?

まず初めに、アドレナリンとはどのようなものなのかというと

体内の服腎臓質より分泌されるホルモンであり、ストレスを感じた時に血中に放出され、心拍数や血圧を上げ、ブドウ糖の血中濃度(血糖値)をあげる作用があります。

興奮状態により生まれるアドレナリン

アドレナリンは「闘争か逃走のホルモン」と呼ばれており、動物が外敵から身を守る、あるいは獲物を捕食する必要に迫れれるなどといった状態に立たされた場合のストレスに応答することにより生まれます。

人に限らず動物には自律神経というものがあり、自律神経は大きく分けると

「交感神経と副交感神経」という二つに分けられます。

交感神経が緊張や興奮を司る神経なのに対し、副交感神経は心身ともにリラックスした状態で活発化します。

相反する性質を持つ両極端な神経でアドレナリンと強く関わりを持っているのは交感神経です。

交感神経が活発化する状況をあげると

  • 怒りを感じた時
  • 興奮状態にある時
  • 極度の空腹時
  • 運動による肉体的疲労時

どれも肉体的、精神的にストレスを感じている場面において交感神経は働きます。

交感神経の活発化によりアドレナリンの分泌量は増えます。

スポンサーリンク

アドレナリンをダイエットに活用

アドレナリンについて知ったところで、

ここからはアドレナリンをうまくコントロールして効率よくダイエットに繋げていく方法をお伝え致します。

アドレナリンで満腹中枢を刺激する。

ダイエットに必要不可欠な食事制限ですが、人間には3大欲求(食欲、睡眠欲、性欲)があり食べたいという意識は本能的に生まれるものです。

生きる上で食事を一切取らずに生きることはできませんし、健康にもよくありませんが、制限を持たせることはダイエットには必要です。

そこで役立つ作用を持つのがアドレナリンです。

そもそも空腹とは食事により上がったブドウ糖の血中濃度(血糖値)が下がることにより、血液中のブドウ糖の濃度が下がり脳がエネルギー不足と判断することで「お腹が空いた」という感覚に陥る仕組みになっています。

つまり、理論を言えば血糖値が下がらなければ空腹を感じることがないということになります。

アドレナリンが分泌されると肝臓に蓄積されているブドウ糖が血液中に分泌されるため、血糖値の低下を抑えることができます。

アドレナリンにより無駄な食事をとることなく満腹中枢を刺激することができるため、空腹でも間食することもなくなりますし、食べ過ぎを防ぐ効果も期待することができるため、ダイエットには非常に効果的です。

アドレナリンで運動を継続させる。

皆さんは「ランナーズハイ」という言葉をご存知でしょうは。

マラソンなどで長距離を走り、体力的に限界を迎えているはずなのにも関わらず、疲労を感じるどころか走ることが気持ちよく、むしろ疲労を感じない現象のことを「ランナーズハイ」と呼びます。

この現象にもアドラナリンは大きく関係しており、

アドレナリンは生存本能そのもので、危険から身を守るために動物の備わっている能力です。

体力の限界を迎えるような過酷な環境に身を置くことで身体的なストレスを体に与えることで、体内では大量のアドレナリンが分泌され、運動をすることがキツさを通り越し楽しさへと変貌を遂げます。

また、アドレナリンが分泌されることにより、同時にドーパミンという物質も分泌されます。

ドーパミンは喜びや快楽を司るホルモンで、ランナーズハイなどの強い感動を得ることにより、快楽物質であるドーパミンが分泌されます。

ドーパミンの分泌は快感を伴うため、同じ快感を求め繰り返し行う依存性を持っています。

もしも酒やギャンブルなどによりドーパミンで快感を覚え依存症になってしまった場合は最悪ですが

ダイエットによる運動で快感を得ることができたドーパミンならば、運動することが楽しくて仕方ない気持ちになり、むしろ運動しなければ気が済まないような感覚になります。

このようにアドレナリンによるドーパミンの分泌により運動はキツい事ではなく楽しい事と体が感じれるようになれば運動によるダイエットを楽しく継続させることができます。

アドレナリンダイエット注意点

アドレナリンを有効に分泌させることにより、キツくて長続きしなかったダイエットが見違えるように楽しく有意義なものへ変わると思います。

しかし、アドレナリンを意識したダイエットには注意点もあります。

それは、常にアドレナリンを分泌させないことです。

私たちの精神力や運動能力を格段に向上させてくれるアドレナリンですが、本来の役割は命の危険を回避するために動物に備わっている防衛本能のようなものです。

つまり非常事態に備えた機能と言えます。

無理な体の酷使などでアドレナリンを常に分泌させるようなやり方では、体は常に無理をしている状況下にあることになります。

無理が効くアドレナリンダイエットだからこそ、自分の体の調子をよく理解して適切なケアをして体と向き合っていきましょう。



スポンサーリンク