スーツ選び「オーダーメイドVS既製品」あなたに最善のスーツとは

スポンサーリンク

男性にとってスーツは切っても切れない重要な役割を担っています。

スーツは男性の正装であり冠婚葬祭はもちろん

学生ならば入学式、卒業式、成人式での着用があり

会社勤めの方ならばほとんどの人が仕事服として スーツを着用しているかと思います。

プライベートにどんなにカジュアルな装いをしていようと

男性にとってスーツは必ず持っておかなければならない洋服です。

皆さんは一張羅となるスーツはどのように選んでいますか?

比較するのはオーダーメイドと既製品のふた通りの選択肢から

あなたにとって最善のスーツ選びをするための

メリット・デメリットについて執筆致します。

男の正装 スーツ選び

まず初めにスーツを購入するにあたり二つの方法があります。

生地選びから全身の寸法を測り自分だけのオリジナルのスーツを作成するオーダーメイド

日本人の平均的な寸法を元に作成され完成されたデザインを持つ既製品

このふた通りある中から両者の「メリット・デメリット」をよく理解することで

よりあなたに合ったスーツ選びを行いましょう。

オーダーメイドのメリット編

この世の中にはたとえ身長体重が同じだったしても全く同じ体型の人は存在しません。

人よりも手足が長かったり、肩幅か広かったり、どんな人の体型にも特徴がありますが

そのような様々な人のニーズに対応することができるのがオーダーメイドの魅力です。

オーダーメイドのスーツは全身をくまなく採寸を行い作成されので

使用者の体にぴったりとなじむ仕上がりとなり体型にスーツを着用することにより

シルエットを美しく見せることができます。

また実際に採寸を行なった後に職人の手により一つ一つ作成される訳ですが

オーダーメイドを手がけるほどの職人になるとその技術は目を見張るものがあり

使用者の正確な寸法と職人の手により絶妙なサイズ感を演出されたスーツは

体へのストレスが少なく長時間着用しても疲労が少なく快適に過ごすことができます。

オーダーメイドの醍醐味といえば

生地や付属品の選定ではないでしょうか

生地は様々な好みに対応出来るようにカジュアルからビジネスまで

豊富なバリエーションが用意されており

その生地をベースに裏地やボタンといった細部に至るまで

自由自在に変更する事が出来ます。

既製品のメリット編

既製品は日本人の平均的な寸法を元に作成することにより

幅広いニーズに対応する事が出来ます。

購入する時点で完成されたものもののため実際に着用をして

自分に似合う似合わないを確かめる事ができる。

同じように見えるスーツにも実はトレンドがあり

着丈の長さやラペルの幅、素材使いといった細かい変化がありますが

既製品ならば信頼の置けるメーカーが作成した既製品ならば

しっかりとトレンドを押さえる事ができるため

最先端の流行を自然に押さえる事ができる。

決まった寸法で製造される既製品にはオーダーメイドに見られた採寸が発生しないため

一着一着の手間が省ける事により生産効率が格段に上がり

その結果、価格を抑え購入する事ができる。

オーダーメイドのデメリット編

全身の寸法を細かく採寸し、オーダーを受けてから一から制作に取り掛るため

時間と手間がとてもかかってしまう。

最低でも1ヶ月の余裕を持って発注を依頼する必要がある

素材選びからボタン、裏地といった細かい調整ができる分

優柔不断な人にとってはあれもこれもとなるうちに自分でもどれが良いのかわからなくなり路頭に迷ってしまうだろう。

ある程度のスーツについての知識を持ち、イメージをテーラーに伝える事が必要になるため

必要最低限の予備知識が必要である。

既製品のデメリット編

メーカーにより製作された商品となるのでオリジナルティーに欠けるため

個性的なスーツを求める人には物足りない場合もある。

極端に痩せていたり太っていたりするとサイズ感がブカブカやビタビタになるため

特殊な体型の人にはぴったりフィットするものに巡り合わない場合が多い。

平均的な寸法により製作される既製品では一人一人の異なる体型には対応する事が出来ないため

修理などで手直ししたとしても完璧なフィット感にするには難しい。

オーダーメイドVS既製品 まとめ

男性にとって必要不可欠なアイテムであるスーツの選び方について

オーダーメイドと既製品のデメリット・メリットについて参考になりましたでしょうか

双方に良い点と悪い点があるためあなたらしい一着との出会いのお手伝いができれば幸いです。



スポンサーリンク