《失敗しないギフト》マフラーの選び方

スポンサーリンク

冬の一大イベントと言えばクリスマスにバレンタインといったギフトのシーズンですが

なにをあげようか頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか

毎年くるギフトシーズンは悩みのシーズンでもあります

せっかく贈るプレゼントですから、喜んでもらいたいと思うのが当然です

ですが、いざ贈るとなると相手がなにをもらったら嬉しいのか、何が好きなのかなど

相手の事を思いながらギフト選びをしているかと思います

そんなギフト選びに悩みを一掃するマルチな知識をまとめてみました

喜ばれる定番ギフトの特徴

大切な人へ贈るギフトだけれども、何をあげて良いのかわからない

そんな悩みを抱える人は大勢います

悩みすぎるあまり安心できる定番ギフトを贈る方っって多いのではないでしょうか

定番ギフトをより喜んでもらえる

ワンランク上の定番ギフト選び方について解説します

マフラー

ギフト界の定番中の定番と言えばマフラーですが、素材や色、形など様々なものがあります

いかに定番ギフトとは言うものの闇雲に選んでは使ってもらえないなんてこともしばしば

そこで贈る相手の事を意識してシーン合わせたマフラー選びのコツをご紹介します

マフラーはご存知の通り、首に巻き冬の寒さから身を守る物であり、暗めなアウターが増える冬のシーズンにアクセントとなる重要なキーアイテムでもあります

マフラーの種類を分けると

  • マフラー
  • ネックウォーマー
  • スヌード

この三つに分けられます

まず、もっとも需要の高いマフラーの特徴は市場としてもっともバリエーションに富んでおり、様々な色や柄を選ぶ事ができ、さらに巻き方も様々なものがありオリジナリティーを出しやすいというメリットがあります。

ネックウォーマーですが、スポーツの時に着用する物というイメージをお持ちの方も少なくないのではないでしょうか、ですがファッションとして楽しめるネックウォーマーは数々あり、利点としてはマフラーに比べコンパクトで邪魔にならないという着脱の際のストレスの無さがあげられます。

スヌードは本来レディースで人気を博したアイテムのため、メンズではまた馴染みの薄い方も多いかと思われるアイテムですが、マフラーとネックウォーマーの中間にあたるスヌードは大きな輪っか状の布を首に二重巻きするため、巻き方が一つしかありません、巻き方がわからない、いちいち巻くのが面倒くさいなどといったストレスを解消してくれるマフラー界の注目株です。

マフラーの素材選び

一口にマフラーといっても素材が変わると印象や肌触り、プライスが大きく変わります。

代表的な素材をあげると

  • ウール
  • カシミヤ
  • アクリル

など他にも多くの素材がありますが代表的なものはこちらの三つが市場には多くみかけられます。

ウールは羊から採取された毛を使っており、羊は飼育されている数も多いためもっとも流通していて、価格帯も手頃で手の届きやすい素材といえます。

カシミヤはウールよりも希少価値が高く、価格帯も上がりますが、抜群の肌触りとその品の良い毛足が特徴です。ウールのワンランク上の素材といえます。

アクリルはウールに似せた合成繊維の事を指します。獣毛に比べると物持ちは決して良くありませんが、大量に生産する事ができるため、ウールよりも更に安価な値段で購入する事ができるメリットがあります。

ニーズに合わせたマフラー選び

ここまでの解説で形、素材の知識が整ったところで、いざ贈る相手のニーズに合わせたチョイスをしていきましょう。

例1

普段からスーツを着る機会の多い方に向けて、ビジネスシーンで使ってもらいたいと思っている方には、繊細な巻き心地で落ち着いた印象のある

カシミヤの無地のマフラーがオススメです。

例2

普段の格好がシンプルな方には、華やかな印象でワンポイントのアクセントとにもなり、カジュアルなコーディネートに馴染みの良い

ウールのチェック柄のスヌードがオススメです。

例3

自転車やバイクにのるひとに向けては、着脱も簡単にできて、風邪でなびいて邪魔になる心配もない、実用性重視な方には

アクリルのネックウォーマーがオススメです。

このような贈る方のライフスタイルを考慮してギフト選びをする事で、より一層喜ばれるギフトとなるはずです。

定番アイテムだからこそ長く愛用してもらえるギフトを贈りましょう。

スポンサーリンク