自分にぴったりのニットを選ぶ!

スポンサーリンク

11月に入ると急に冷え込みがきつくなりますよね!

そんな冬の始まりを感じる季節に欠かせないアイテム

それはニットです!

アウターの中に着込んだら

暖房の効いた室内では一枚で見せたりなど

冬のシーズンには欠かせないアイテムですよね

今回は冬の必需品ニットの選び方についてレクチャーしていきます。

いざニットを選ぶ際に知っておいて欲しい知識として素材が挙げられます。

代表的な素材

  • ウール(羊毛)
  • アンゴラ
  • カシミヤ
  • アルパカ

などが挙げられます。

一般市場で最も流通しているのはウール(羊毛)です。

生産量も多く、最も安価な値段で手にすることができる素材です。

アンゴラはウサギから採取された獣毛です。

ウールのものと比較すると毛足が長く非常に柔らかい印象の素材でありながら

価格帯はウールを使ったものより若干高い程度で購入することができるのでソフトな質感が好みの方にオススメです。

カシミヤ、アルパカになるとワンランク上の獣毛と言えるでしょう。

質感もウールとは比べものにならないほど柔らかく

まさに雲の上のような肌触りと言ったところでしょうか

敏感肌でチクチクするセーターは苦手という人には、とってもオススメです。

しかし希少な素材ということもあり、価格帯はウールのものに比べる約3倍ほどしますが間違いなく高品質な素材であることは保証できます。

またそのほかにもビキューナと呼ばれる

超高級素材などもありますが一般的な市場では

ほぼ見かけることがありません

理由は価格が高いため、一着数十万するものもあります。

素材についての知識がわかったところで

次はニットの代表的な形についての説明です。

代表的なニットの形

  • クルーネック(丸襟)
  • Vネック
  • タートルネック
  • モックネック(ハイネック)
  • カーディガン

製品として最もよく見かけることが多いのはクルーネックのニットかと思います。

クルーネックの良さはやはり全てのコーディネートを組む上で当たり障りなく組み合わせらことができます。

最もベーシックな形と言えます。

Vネックは首元がアルファベットのVを形どった洋服のことを指します。

Vネックの特徴としては見た目がスマートな印象を与えてくれるので、綺麗目なコーディネートを組む際にオススメしたいアイテムです。

タートルネックはその名の通り亀の首から取られたネーミングであり、首を丸々覆う襟が特徴です。

首を完全に隠すことが出来るのでもちろん防寒性としても高いと言えます。

ですがコーディネートを組む際にも役立つ面があります。

それは、アウターを羽織った時です。

冬は必然的に皆さんニットの上にアウターを着ると思いますが、アウターを着てしまうと中のインナーは全く見えず隠れてしまいますよね!

そこにタートルネックを着ることで、首元がからニットを見せることができます。

例えば黒のパンツに黒のアウターのコーディネートだと非常に重たい印象となってしまいますが、そこに赤のタートルネックを入れるだけで、コーディネートに花が出ます。

これをワンポイントコーディネートと言います。

タートルネックの首元のボリューム感が好きになれない方には

モックネックがオススメです。

タートルほどの襟の高さが無く喉仏ほどの高さのモックネックでしたらごわつく印象もなく、先程のワンポイントコーディネートを実践することができます。

最後にカーディガンですがこのアイテムは他のニットとは違い前身頃を開閉することが出来るの洋服です。

カーディガンが最も有効的に使えるシーズンは、秋口、春先です。

気温の温暖さの激しい季節には洋服での温度調節が欠かせません。

しかしアウターを着たら脱いだりするのは面倒ですし、脱ぐとアウターを手に持たなくてはなりません。

それを回避してくれるのがカーディガンです。

暑い時には開ければ風通しが良くなり、寒い時には締めれば防寒になる、カーディガンは体の温度調節をするのにうってつけのアイテムと言えます。

上記のような最適なニット選びを行なって今後のファッションコーディネートに生かして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク