部下から信頼される優れた上司には5つの法則があることを発見しました。

スポンサーリンク

企業に属する人にとって

必ず起こりうる上司と部下の関係性ですが

企業の成績を上げるためには一人の力では限界があります。

そこで必要となるのがチームワークの重要性です。

企業の柱となり円滑に物事を動かす役割を担う

上司の皆さんに必要不可欠なスキルである「部下からの信頼」を得るために必要な

5つの法則を発見しました。

部下からの信頼を得るための5つの法則

企業には必ずといって上下関係が発生します。

係長、課長、部長と役職が上がるにつれ部下の数も比例して増えてきます。

人の上に立つ人間として部下をマネジメントして企業成績の向上は

上司に課せられた重要な役割です。

そのためには、より良いチームワークを発揮するために部下から信頼される上司となるスキルは

絶対的に必要な要素と言えます。

部下から信頼を勝ち取ることのできる優れた上司の5つの法則とは

スポンサーリンク

法則:1

信頼される前に自分が部下を信頼する

人は誰しもが抱く感情として

他人から良く思われたいという思想を持っています。

企業の上司ともなれば部下からできる上司と思われたいと思うのは必然です。

前ばかり見ている上司に良くありがちなのが後ろをにいる部下のことを考えていなことです。

上司という立場上リーダーシップを発揮して業績を伸ばしたいと思うのは当然です。

しかしそれは自分だけの一人相撲になっているのではないでしょうか

リーダーシップを図るためには部下との連携を元にしたチームワークが必要になります。

一人でがむしゃらに進むよりもまずは部下とのコミニュケーションを測り部下からの信頼を得ることで

一致団結して取り組むことでできるようになり

次第に信頼される上司へとなっていきます。

法則:2

部下の声に耳を傾ける

経歴を重ねた上司ともなれば当然企業内での年齢も上がり

部下の多くは自分よりも年下になる場合が多くなると思います。

人は年を重ねると様々な経験を積むことで常識というものにとらわれてしまいます。

この常識が自分の中の正解となり、凝り固まった考えとなる原因になります。

人の意見を聞かず自分の考えだけで進むと一つの答えにしかたどり着きませんが

自分とは違う人生を歩み異なった感性を持つ他の人の意見を聞き入れることで

新たな価値観が生まれ一つだった答えが無限に広がるきっかけとなります。

頭を柔らかくして部下の声に耳を傾けて見て下さい。

きっと新たな発見と共に

部下はしっかりと自分の意見を聞いてもらうことで

仕事への意欲が湧き取り組む姿勢にも変化が芽生えることになり

自分の意見を聞き入れてくれる上司として信頼関係を生み出すことができます。

法則:3

部下の向上心を掻き立たせる言い回し

向上心に溢れて入社した新入社員も年月が経ち仕事に対してマンネリ化してしまう傾向にある

そこで上司のするべきことは

ただただ「この書類まとめといて」と仕事を依頼するのではなく言葉を変え

「こないだ提出してもらった書類、すごく出来が良かったからまた君に依頼するね」と

言い換えるだけで部下のモチベーションは飛躍的に上がり

仕事への取り組み方も変わると思います。

「君にしかできない」「君にお願いしたい」「君を買っている」

日々の仕事に特別感を与えることで部下の向上心を上げさせることができ

あなたからの依頼には全力で答える姿勢へと変わり

より質の高い仕事ができるようになるのではないでしょうか

法則:4

部下の背中を押しサポートをする

人は重要な仕事を任せられると

もしも失敗したらどうしようと思い緊張や萎縮してしまいます。

そこで上司のするべきことは

失敗を恐れないように「失敗しても責任は私がとる」

くらいの大きな器で部下の背中を押してあげることで

安心感を持って堂々と重要な仕事にも取り組むことができるようになり

上司の後押しというサポートのあるおかげでお互いに

信頼関係も生まれる

法則:5

怒るのではなく指導する姿勢を持つ

完璧な人間は存在しません

そんな人間でも必ず失敗する日がやってきます。

失敗をしてしまった部下に対して頭ごなしに怒鳴り散らすのでは何も進歩しません。

むしろ信頼関係とは無縁の関係になりかねません。

上司が部下にすることは

なぜ失敗をしてしまったのかを良く理解した上で

反省させるだけでなく

今後同じようなことが起きないようにするにはどのようにするべきかを話し合い

次に繋がる意味のある失敗として

導くための指導を行うことで次のステップへと上げることができます。

正しい導き方を知る上司には自然と部下は頼りにし信頼を寄せ流ようになります。

スポンサーリンク