そうだ社長になろう!全ての人が社長になることが実現可能な目標となった

スポンサーリンク

働かざる者食うべからず!

社会で生きていく上で誰しもが行わなければならないこと

それは働き仕事をすることです。

しかし今のご時世は高学歴や特殊な資格がなければ

思うような仕事をすることは難しいと思います。

しかし一つだけあるんです。

  • 学歴も必要ない
  • 特殊な資格も必要ない
  • 年齢も関係ない
  • 面接もない
  • リストラもない
  • 上司からの圧力もない
  • やりたいことが自由にやれる

そんな働く人にとって夢のような職業とは

それは

社長になることです!

そんな簡単に社長になれるかと思うでしょうが

社長になるとゆうことは実は意外と簡単なんです。

誰でも簡単に社長になれる時代

社長になるにあたって自分の城となる会社を設立する必要がありますが

かつて株式会社を設立するためには

  • 最低資本金1000万円
  • 必要な役員3名以上

といった高いハードルがありお金も人も集めなければ

会社創設はできませんでした。

しかし

2005年に公布された新社会法により会社創立は容易なものへと変化した。

新社会法とは

最低資本金制度の撤廃、取締役数の3人以上から1人以上への削減、株式譲渡制限会社である「非公開会社」での取締役会と監査役会の選択的設置(非大会社=資本金5億円未満かつ負債総額200億円未満の中小会社)など、旧商法に比べ緩やかな規定になっており、起業の容易化、利便性の増大、運営の簡便化が図られている。

コトバンクより引用

つまり簡単に説明すると

「資本金1円」「取締役1名」から会社の創立ができるようになり

初期費用は少なく誰でも簡単に会社を立ち上げることができるようになりました。

つまりやる気さえあれば誰でも社長になることは可能なのです。

考えることから始まる社長業

新社会法により誰でも簡単に社長になることができると説明しましたが

ただ会社を掲げただけでは意味がありません。

会社としての利益を得らなければ懐は寂しいままです。

悠々自適な社長ライフを送るためには

事業に参入しユーザーの求めるサービスやビジネスを提供することにより

収益を上げなくてはなりません。

会社の創設は「資本金1円」でできると上記で述べましたが

創設後は会社の発展のために様々な投資が必要となり少なからずお金が必要となります。

事業に成功することができれば莫大な収益を自分のものにすることができる反面で

失敗した場合のリスクは決して低いとは言えません。

そのため会社創立を試みる前にどの市場ならば利益を得ることができるのか事前にリサーチを行う必要があります。

まだ誰も思いつかないような構想を抱いている方は、新しい事業を展開することも大きな利益を生む可能性があり

ライバルが少ない分、成功した時の見返りは想像を絶するほどの利益を生む可能性もあります。

アイデア次第でどこまででも会社は大きくすることができる

それが社長業の醍醐味と呼べます。

社長になる気質を持った人とは

誰でも簡単に会社を創設することができる時代となったが

一国一城の主人となる責任を持つ社長になるには向き不向きがある

自分に置き換えて読み進めてほしい。

肝が座っている人

物怖じしない強いハートを持っていることは

社長を務めるにあたり重要です。

仕事の取引の際に自分の思うこと、言いたいことを率直に述べること必要がある。

会社の運命は自分と一心同体となり

負債を抱えた場合はその責務を背負わなければならないため

逆境を乗り越える図太い神経が必要となる。

数字に強い人

会社の経営を進めて行くと税理士の話を聞くこともあるでしょう。

また売り上げの管理、動向を元にデータを抽出したり

様々な場面で数字を扱うシーンが多いため

会社を円滑に動かすスキルとして数字に強いことはかなり有効に働きます。

切り替えが早い人

事業を展開する場合は、成果を獲得するために

様々なプランを練る必要があります。

一つのプランがうまくいかなくとも次のプラン、次のプランと

失敗を悔やむのではなく、すぐさま頭を切り替え

次のチャンスを貪欲に狙うことが必要となります。

凝り固まった考え方ではなく、常に新たな思考を練ることのできる

頭の柔らかさも社長には必要な要素と言えます。

人としての広い器を持つ人

会社を運営していれば小さな失敗から大きな失敗と

社長としてみればやりようのない気持ちになることもあります。

そんな時にただ怒り散らすのではなく

なぜミスが起きてしまったのかを追求し

次に同じようなことが起こらないように対策を練る余裕を持つことで

部下からの信頼もより厚いものとなります。

人は失敗することで大きく成長することができるという思いで

寛大な心を持つことが必要です。

強い意志を持つ人

何より社長になる上で必要となるのが強い意志を持っていることです。

柔軟な考えを持つことももちろん大切ですが

会社の長である社長が人の意見を受けるたびに考えが揺らぐようでは

会社そのものの威厳を損なう形となります。

そうならないためにも自分の心の奥にある想いだけは

決して揺らぐことのない強い意志を宿していることが

全ての責任を持つ社長として必要となります。

目標を最後までやり遂げる心の強さを持った人が社長に向いています。

社長になることで開ける人生

会社を束ねる社長には時に倒産や多額の借金などのリスクを伴う危険性もあります。

ですが自分の持ちうる知識や情報

人と人で繋ぎ合わせる人脈を駆使することで

会社は成り立ち、そこから利益を生むことができます。

うまく経営を軌道に乗せることができれば

あなたは晴れて一国一城の主人として自由な人生をスタートさせることができるようになります。

普段の生き方に疑問を抱き

何かを生み出したい、作り出したいと考えている方は

「社長」という選択肢を選んでみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク