ブログ集客の極意!安定した検索流入を得るためにやるべきこと

スポンサーリンク

こんにちは@kawajiro33です。

ブログアフィリエイターとして収入を得るためには運営するウェブサイトを見てくれる人を増やさなくてはなりません。

主にユーザーがブログに足を運ぶ経緯としてはSNSの拡散による訪問、グーグルなどによる検索流入が挙げられます。

近年注目のまととなっているSNSはインフルエンサーなどにシェアされれば爆発的な集客を得ることができるものの、そこまで評価されるまでには相当なアピールが必要ですし、SNSは流れが早く一度反響があったとしても次から次に投稿されるためすぐに埋もれてしまい一時的なものとなってしまいます。

ウェブサイトに安定した集客を促すためには検索流入が必要不可欠と言えます。

検索されたキーワードの1ページ目に表示されればそれは検索上位となり必然的に人の目に触れる機会も増えるため指を咥えていても訪問者が絶えることはありません。

検索上位になるために必要なこと

とにかく書きまくり記事の量産

検索上位に記事が表示されるためには、ブロガーとして記事を書き続けるとが重要です。

「ブロガーの仕事は記事を書くこと」だからそんなの当たり前と思うかもしれませんが、毎日一つ記事を書き続けることはそうそうできることではありません。

人にとって最も難しいことは継続し続けることだからです。

個人が行うブログの管理者ならば記事を書くか書かないかはその人次第ですので、記事を書かなかったとしても誰からも怒られることもありません。

つまり全ての責任は自分自身にあるということです。

人間の弱い部分を克服し記事を量産することで、ウェブ上でのあなたのホームページの評価が上がり上位表示されるようになります。

スポンサーリンク

有益な情報を届ける良質な記事を書く

人がウェブサイトを訪れる理由は情報を収集するためと言えます。

わからない事、疑問に思った事を検索し表示されるのがウェブサイトです。

つまり、訪問者である読者は自分の疑問を解決してくれるウェブサイトに足を運びます。

記事の内容がスカスカで何の解決にもならない記事であれば訪問者が増えることはありませんし、検索エンジンからの評価も低く検索上位になることもありません。

では、具体的にどのような記事が良質な記事と言えるのでしょうか

まず大前提として挙げられるのが文字数です。

良質な記事は約1000から2000文字を目安に評価されています。中には5000文字の記事を書くブロガーもいます。

記事の量と同様に重要なのが、記事の質です。

読者は有益な情報を求めてウェブサイトに訪問するわけですから、訪れた先の記事がコピーペーストだらけや、画像を多用しで文章を長く見せたりと読者の納得のいく記事でなければ良質な記事とは言えません。

人々の興味、関心のある記事を書く

検索上位となる話とは異なりますが、ウェブサイトにより多くの訪問者を導きたいのであれば、誰も興味を抱かないようなマイナーな記事よりも、今旬な芸能情報や最新トレンド情報をあげることで、世の中の人々が検索する回数が多いトレンドワードは必然的にアクセスを集めることができます。

トレンドワードの記事を書く際に注意する点があります。

トレンドは一気に盛り上がりを見せるものの、失速するのも早く長きにわたり読み続けられるわけではありません。

トレンドを追い求めるような記事は常に鮮度の高い記事を常に量産し続けなければならないため世の中の流れに常に目を見張らなくてはなりません。

逆に極端なアクセス数の上昇にはなりませんが、いつの時代も人が抱える問題や悩みなどに精通するウェブサイトは長い目を見ると安定したアクセスを集めることができます。

もしもネットビジネスで不労所得の夢を追いかけるのであれば後者の先を見据えた息の長いウェブサイトを作り上げる方が良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク