人生の33%は仕事で費やす!仕事を有意義にすれば生き方は激変する

スポンサーリンク

皆さんは働くことの意味とはなんだと思いますか

家族を養うため、趣味に費やすため、貯蓄をするため

様々な理由で働いていることかと思います。

どの働く理由にも必要となるのがお金です。

しかし、働くこと=お金を稼ぐ

だけのの人生が本当に有意義な生き方と言えるでしょうか

今一度は働く意味について考えていきましょう。

働く時間を有意義にする

お金は社会での生活をおこなう上で必ず必要になるものです。

そのためには必然的に働かなくてはならない訳ですが、働いている時間もあなたの限られた寿命は使っていると考えたことはあるでしょうか。

人の一生の時間は限られています。

一日の平均労働時間が8時間だとしても一日の3分の1を仕事をしていることになります。

ざっくりと考えると人生の3割を仕事で使用していることになり

その中で睡眠時間も合わせると自質的にあなたの自由な時間は人生の3割程度しか無い計算になります。

限られた人生を有意義に行うためには、仕事をお金を稼ぐだけの拘束された苦痛の仕時間という解釈では無く

人生の糧となるような心の持ちようが必要となります。

社会に貢献するために働く

そもそも仕事とはなんのために行うものでしょうか

ただお金を稼ぐだけならば仕事に事欠くことはないでしょう。

働くことの本質は利益を出すためです。

利益があるからこそそこにはお金が発生し、あなたの給料としてお金をもらうことができます。

ボランティアだけでは生きていくことなんてできません。

全ての経営者が利益を生み出すために会社を立ち上げ、収益を生み出すための人材がいることで会社が回転しています。

人は必要としていないことに対してお金を払うことはありません。

必要があるからこそ物や事にお金を払います。

社会が求めるニーズに応えて初めて利益が生まれる訳ですが

実際に働いている皆さんは、人のために働いているという意識のもとに仕事に取り組んでいるでしょうか

ほとんどの人がお金を稼ぐために働いている事でしょう。

ただお金を稼ぐだけの人生はとてもつまらないものです。

せっかく人生の内の3割を働く時間に使用する訳ですから

自分がなんのために働き、それにより誰が喜ぶのかの道筋を理解する事で

仕事に対しての意味や意識が少し変化してくると思います。

仕事=お金の関係に捕らわれない

お金を稼ぐだけが仕事ではありません。

もちろん生きる上でお金は必要なものですが

お金を稼ぐ事だけに執着した人生が楽しい人生と言えるでしょうか

楽しい人生を送るためには仕事も楽しく無くては有意義な人生にはつながりません。

人によっては仕事とプライベートを完全に切り離して考える人もいますが

私は遊びが仕事であり、仕事が遊びである形が理想ではないかと考えています。

遊びと仕事を一つの線で結ぶ事で遊びの楽しさを仕事へ変換することができ、仕事のノウハウを遊びへ変換することができるため

楽しく仕事をしているのに、その上お金までもらえるなんてとても幸せだと思いませんか

人生を豊かにする仕事の考え方は

仕事=お金ではなく

仕事=遊びへと繋げることがモチベーションを高く維持することに繋がる思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク