仕事ができる人間の頭の中!できる人間の思考回路に頭を改造しよう

スポンサーリンク

仕事ができる人の頭の中はどうなっているのか

できる人間とできない人間の違いはなんなのか

それ際わかれば誰しもができる人間となれる訳です。

同じ人間なのだから他人にできてあなたにできないはずがない

そこでできる人間が何を考え意識しているのか紐解いてみたいと思います。

無意識を意識する

初めから意味がわからないと思われるかと思いますが

できる人間は自分がやっているという意識はありません。

働くことを生きることに置き換えて考えてみましょう。

生きる上であなたは息をすることを意識しますか?

生命を維持させるためには呼吸が絶対に必要なのは誰しもが理解していることですが

呼吸することを誰かから教わったことはないはずです。

自然と体が生きるために身につけたことです。

仕事ではどうでしょう。

どのような仕事であれ、どのような企業であれ

会社を成り立たせるためには利益を生まなくてはなりません。

働くことは利益を生み出すために行うものです。

すなわち、先ほどの生きるために呼吸をすると同様に

働くことで利益を生み出すのは当たり前のことなのです。

ただ単純に利益を追い求めるやり方は呼吸をひたすら繰り返すことにほかなりません。

できる人間はどのようにすれば、より効率的に利益を生み出すことができるかを考えることができる人のことです。

ただ与えられた仕事を黙々とこなすのではなく

この仕事をすることにより何がどのようになるかを意識することが無意識のうちにができる人が

仕事ができる人の思考回路につながります。

目的を明確に理由を説明できる

自分が今,行なっている仕事がなんの意味があるのか

与えられた仕事をこなすことで企業にとってどのような利益になり誰が喜ぶのか

その全てをしっかりと理由を説明することができない人は多いのではないでしょうか

なんとなくわかっていても全てを理解している人は意外と少ないと思います。

できる人間は人に聞かれた時に内容を相手に理解できるように説明することができます。

相手に何かを伝えるということは、自分がその内容を完全に理解していなければ相手にも伝わりませんし

話している自分自身が何を言っているのかわからず落とし所のない支離滅裂な説明になってしまいます。

つまり、何ごとにも疑問を持ち追求心を絶やさない意識を持つことが

できる人間が行なっていることと言えます。

答えを一つに絞らない

できる人間は必然的に企業では上の立場に上がって行きます。

しかし仕事ができるという理由だけでは上には上がることができません。

上の立場のできる人間になるためには周りの人からの信用が必要不可欠と言えます。

仕事ができるからと言って自分の意見だけを押し付けるのではなく

他人からの意見にも耳を傾け吸収し様々な角度からの答えを導き出すことで

最善の答えを導きだすことのできる人が部下からの信頼も厚いできる人間と言えるでしょう。

ここで補足

できる人間は最善の答えを導き出すことも必要ですが

最悪のケースに備えた答えも出しておくことのできる人間です。

企業を運営していくことは楽しいことばかりではありません。

時に耐え難い屈辱も経験することになるでしょう。

人は辛いことがあれば楽な方へ逃げるような思考が働きます。

クレームが発生した場合一度の謝罪で済めばラッキーと考えるのではなく

何を言われても対処できるように様々な引き出しを準備し万全の状態で苦難に臨むことができる度胸と対応力が求められます。

最善と最悪を使いこなし部下からの人望と企業からの信頼を集めることが

できる人間に必要なことだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク